2014-05

result1384 – копия (2)

1

Easy spy is another phone monitoring device in the more about the ghostwriter market

2014-05-27 | Posted in 未分類No Comments » 

 

Durchschau von wissenschaftliche Arbeit Ghostwriterfirma für Prüflingen

Durchschau von wissenschaftliche Arbeit Ghostwriterfirma für Prüflingen

Brauchen Sie besonderen wirtschaftlicher Aufsatz Erschaffer für der Kreation Ihrer Klausur von vornherein.

Zusammenhängende naturwirtschaftliches Fallstudie Anfertigung online Geschäft

Rezension Editierung Online-Schreibagenturen als ein Site sind erster Zuschuss für Schulanfängern, die kutzeitige und getreue Rückhalt mit strapazierender qualifizierten Formatierung benötigen. (さらに…)

2014-05-23 | Posted in 未分類No Comments » 

 

テラス緑化 3・・・打ち合せ

屋上緑化と言えば、ユニットやロール状の芝マットが一般的。

毎年花が咲くような宿根草花のマットは大分種類が限られます。

構想スケッチには、カワラナデシコやワレモコウ・ワイルドストロベリー・ハーブのコーナー、など好き勝手に書いていますが。。草丈がある草花や、ハーブやイチゴのような食べられる植物を地面のように好きに植えられるような緑化基盤は、なかなか見つかりません。

しかも、DIYで試してみるため、失敗したときに大量のゴミにならないように、プラスチックのユニット基盤でなく、自然に還る素材のものを、、と、展示会やインターネットなどで探していると、、杉の間伐材を固めた基盤やヤシの繊維で出来たマットなど、土に還る素材のものを発見。
ヤシのマットは好きなポット苗を植え込んで育てるタイプのようです。
偶然にも、ヤシのマットを作られている会社、クリアテラさんはすぐご近所!
ということで、打ち合せに伺ってきました。
th_IMG_6159 th_IMG_6160

写真のとおり、もじゃもじゃ、丈のある草がマットから生えています。

マットの構造は、中にさらさらの土のようなヤシ殻が詰まっていて、ヤシの繊維で包んだ座布団のような構造です。

客土や保水マット、プラスチックの基盤ユニットは不要で、とっても保水力があるそうです。逆に、根腐れが心配なので水はあげ過ぎず、水はけを良くした方が良いそうです。

 渋谷市役所の屋上緑化では、10年前に施工されて今でも植栽が育っているそう。

これなら、植えたい場所に植えたい苗を植えられて、理想的です。

クリアテラさんにご協力を頂き、さっそく実験します!

つづく

2014-05-20 | Posted in BlogNo Comments » 

 

テラス緑化・・・2 リサーチ

テラス緑化スケッチ-2

夏までに実践すべく、みんなで緑化基盤をリサーチ。

プランターを使わず床面に草花を育てるためには、基盤や土壌が必要です。
特に、ベランダでは土が流れて排水を塞いだりすることが無いような工夫が不可欠です。

保水力も必要ですが、水はけが悪くても根腐れを起こします。

その他、既存の建物の場合は建物の設計荷重を超えないように総重量の確認も必須ですし、軽量化は重要なポイントです。

マンションなど共同住宅の場合は、管理組合の確認や手続きも必須になります。
また、施工方法によって建物の耐久性を損ねることの無いよう、プロに依頼しましょう!

そんなキホンを踏まえた上で、今回は個人邸のベランダで実践すべく

1)DIY施工が可能
2)好きな苗を植え付け出来る
3)基盤・土壌ごと部分的に取り替え出来る
4)ゴミにならない

こんな条件でリサーチします。

つづく

2014-05-13 | Posted in BlogNo Comments » 

 

テラス緑化 1・・・構想中

テラス緑化スケッチ-2

マンションや住宅のベランダを花畑にしたい!
プランターでなくて、芝マットでもなく、一面の草花…
床一面、好きなところにタネや苗を植えて、季節ごと違った風景が楽しめるような。。
…果たして実現するでしょうか?

写真は、プランのスケッチです(作画:わたなべさん)
長手に連続的に・面的に花畑を作りたいけれど、手入れや行き来のために踏みつけられるスペースも必要です。

はたして、うまくいくでしょうか?

つづく

2014-05-13 | Posted in BlogNo Comments »